色、いろいろ - 色彩心理学からファッション、調査・分析、雑学まで、色の意味や分類・使われかたなど、色にまつわるいろいろなこと。

BetterColors




色と食べ物

色は食べ物を連想させたり食欲を誘うのにも使われます。鮮やかな色は「美味しそう」と見る側に訴えかけてきます。一方で一部の色は食欲を減退させる作用もあります。

食品のパッケージでは、商品の内容を連想させるために色を使うことが多いです。もしくは、色から連想しにくいもの、競合他社が多いジャンルなどでは、メーカー・商品のブランドを示すのに使われることもあります。

色で示す食品は果物類が多いようです。これは果物が多種類でたくさんの色であるからと思われます。また食品のフレーバーに使われることが多いせいもあるかもしれません。

海外のネットショップなどを眺めても、大体、日本と同じ色が同じように使われています。
(一部違うのは、リンゴが緑だったり、ベリーが海外では豊富なこと。前者は『日本語と外国語(著)鈴木孝夫』にも載っていたけれど、フランスなどではリンゴは緑らしい。ベリーは日本でもブルーベリーなどが馴染みになってきましたが、海外ではラズベリーやクランベリーなど色々な種類があります。これらは赤系・紫系)

目についた色と食品の分類。

 赤

トマト、スイカ、イチゴ、りんご(日本)、梅、唐辛子

 りんごは赤と青を分けられているけれど、梅はほぼ赤のみ。実際は青梅もありますが、パッケージでは使われにくいよう。

 青

ソフトドリンク、アイス・氷菓、ラムネ、(ミント菓子)

 青色は食欲を減退させる色として食品にはあまり使われませんが、清涼飲料水は例外。実際に使われているものも、ほとんどドリンクやアイス類、ミントなど、冷たいもの・すーっとするもの。食品自体ではなく、冷たさを示すために青が使われることもあります。

 黄色

レモン、グレープフルーツ、バナナ、ラーメン・麺類、卵、カレー、パイナップル、チーズ


 橙

オレンジ、人参、パプリカ、海老、かぼちゃ、柿


 緑

青りんご、お茶・抹茶、野菜、サラダ類、グリーンカレー、昆布海苔など海藻系、ミント

 ミントは(海外では)白いものもある。

 紫

葡萄、ブルーベリー、紫蘇、サツマイモ


 ピンク

桃、さくらんぼ

 アメリカではさくらんぼはエンジ系の赤。これはアメリカでは濃い色のアメリカンチェリーを指すためで、日本のさくらんぼとは品種が違うせいと思われます。

 茶色

チョコレート、カカオ、コーヒー、コーラ、ソース、キャラメル、カレー


 白

小麦粉、ホワイトチョコ、ミルク・牛乳


 黒

リコリス(海外)、海苔、刺激的・辛い

 黒豆や黒ゴマなど黒い食べ物が健康にいいということで黒い食材は多々あるりますが、黒をメインのパッケージにしているものは、他とは違って食材自体を色で示すのではなく、刺激的であるという意味で使うものが多いです。もしくは高級感のブランドアピールなどでしばしば金色と共にデザインされたり。黒は食品のイメージでは使われにくい?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントは受け付けていません。